冬の学習会2019
山口県内はもちろん、北は北海道、南は熊本と全国から、総勢190名を超える参加者を得て、開催しました。午前は新指導資料作成に関わられた福岡の山崎先生、広島の川原先生による講義、県内外の実践者による実践提案等、午後は福岡の大久保先生による講演、日体大橋谷教授、熊本の平野先生、國學院大学杉田教授によるシンポジウム、そして最後は、杉田教授による講演と、盛りだくさんの熱い一日にでした。それぞれの地で特別活動・学級づくりの熱を広げていきましょう。


冬の学習会2018
午前の様子


冬の学習会2018
午後の様子


冬の学習会2017
冬の学習会の様子


冬の学習会2016
平成28年1月10日(日)大好評につき、今年もやりました、「今、見つめ直す。学級づくり・学級活動ベーシック」。今回のテーマは「よい学級を育てる仕組みづくりと教師の構え」でした。全国各地から総勢120名を越える参加者を得て盛会となりました。なんといっても嬉しいのは半数が山口県内の方々だということ。県内にも学級づくりや学級活動の大切さが伝わってきたことを感じています。午前中は、ミニ実践提案とプロ教師の学ぶ教師の構え。午後は模擬学級会と、前文部科学省視学官杉田洋先生(國學院大學教授)による講演と、盛りだくさんの学習会でした。明日からの学級づくり・特別活動の授業づくり、1つでも2つでもヒントを持って帰ってもらえたのなら幸いです。参加者の皆さん、ありがとうございました。また、互いの実践を紹介し合い、磨き合いましょう。


冬の学習会2015
平成27年1月11日(日)、昨年度の好評を受け、今回も「今、見つめ直す。学級づくり・学級活動ベーシック」をテーマに実施しました。山口県内だけでなく、東は東京・埼玉、西は福岡・熊本まで、総勢120名を越える参加者を得て、盛会となりました。午前中は、学級目標、朝・夕の会、係活動、集会活動等、使える実践提案7本。午後はワークショップ型模擬学級会と、文部科学省の杉田洋視学官による講演と、盛りだくさんの内容で行いました。笑いあり涙ありの1日の学習会。多くの方から「勉強になった」「遠くから来た甲斐があった」「また来ます」との声をいただきました。明日からの学級づくり・特別活動の授業づくりに勇気と自信をもらう会となりました。参加者の皆さん、それぞれの学校で子どもたちの幸せのためにがんばりましょう。そして、また会いましょう。


冬の学習会2014
山口県内外から総勢90名の参加者を宛て、たいへんな盛り上がりでした。テーマは学級づくり、学級活動のベーシックです。8人の先生たちによるリレー実践講座。熊本の平野先生による模擬学級会。そして、最後は杉田視学官の講演でした。学級づくり、学級活動の基礎基本や、それを支える教師の心構えなど、多くのことを学ぶ機会となりました。この会を通して、また多くの仲間と出会えたことを嬉しく思います。


これからの学活ネットを語る会
6月8日(土)、山口県内の学級づくり、特別活動に関心のある先生方にお集まりいただき、これからの研修に何が求められるかについて、意見交流を行いました。「子どもたちに自治の力をつけさせたい」「自分や学級の成長を実感できるようにしたい」「学級会がどの学級でもしっかりとできるようにしたい」「教師自身の、子どもを見取り支援する構えを高めたい」等、様々に意見が出されました。子どもを中心に据えた教育を行っていく上で欠かすことのできない貴重な意見を聞くことができました。スタッフ一同、いただいた意見をもとに、さらに充実した研修の機会をつくっていきたいと思っております。参加者の先生方、本当にありがとうございました。


冬の学習会2013
平成25年1月13日、毎年恒例の山口学級活動ネットワーク冬の学習会2013を開催しました。
 今回は山口県内はもとより、全国各地から総勢60名を越える参加をいただき、大盛会で実施することができました。なんといっても山口県の方が徐々に増えてきていることが嬉しいことです。
 午前チュのミニ実践リレー提案では、学級づくりに生かせるいろんなノウハウが紹介されました。午後は、ワークショップでの熱い語り合い、そして杉田調査官による胸が熱くなる講演と、充実した研修を行うことができました。「自分たちの生活を自分たちでつくる学級」そんな学級をつくり出していきたいですね。参加者の皆さんの各地での活躍をお祈りしております。また会いましょう!


| 戻る | 検索 | 管理 |

- Topics Board -